FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top

スリーピング・ビューティー #05

――仕方がない。

永瀬麗子はそう自分に言い聞かせた。

――仕方がないのだ。

カメラ小僧の包茎を剥きあげて、チュッチュと亀頭に口づけをした。
エラの内側に舌を這わす。
ぱっくりとくわえこむと、ショートヘアの小さな頭が、カメラ小僧の手におさえつけられた。

「んぐっ!」
肉根が、喉の奥にあたり、えずきがわいてくる。
それをこらえて、フェラチオにとりかかった。
唇で、肉茎を締めつけるようにして、耳もとの大きな白いイヤリングを揺らしながら、頭を前後に動かした。

「うまくなってきたじゃないですか」
羞ずかしさと悔しさで、目が眩みそうだ。

だが、逆らえるわけがなかった。
女性器をくつろげられた写真を公開されれば、レースクイーンとしてのキャリアはおしまいだった。

しかも挿入の写真まであった。
超ボディコンのコスチュームを身にまとったまま、M字開脚の股間にブスリと突き差されている写真だった。

それだけではない。
運命が変わったあの日、永瀬麗子はカメラ小僧の男根で絶頂に押しあげられたのだ。
しかも、一度ではなかった。
二度、三度と醜態をさらし、縄をほどかれたときには、もうわけがわからなくなっていた。

もともと感じやすい細身の躰は、全身が性感の塊りようになり、永瀬麗子は自分から男の口に吸いついて、狂ったように腰を使ったのだった。

遠征のホテルのドアを、夜毎、デブがノックするようになったのは、それからのことだった。
事前にシャワーを浴びるのは禁じられていた。
ばかりか、コスチュームを脱ぐことも許されなかった。

だから、昼の間、マニアたちのレンズにたっぷりと視姦されたコスチューム姿で、白豚のようなマニアックな青年に奉仕しなければならないのだ。

(早く……)

永瀬麗子はたっぷりと唾液をまぶし、チュパチュパといやらしい音をたてながら、男根を刺激した。

(早く、イッて……)
早ければ早いほど、悪夢のようなこの時間が、短くなるはずだった。
だが、オナニー好きのこのカメラ小僧は、たいへんな遅漏であり、精液を絞りだすのも、並大抵のことではなかった。

だから口で終わることは滅多になかった。永瀬麗子は、それを恐れていた。

デブがフェラチオをとめる。

立つようにうながされた。
まるで米国の警官に逮捕される容疑者のように、壁に手をつく。

ミニから伸びるスラリとした太腿を、後ろから撫でてきた。ピチピチにボディコンが吸いついたヒップも、愛おしげに撫でまわされる。

「ひさしぶりですね、永瀬さん」

超ボディコンに包まれた乳ぶさを、後ろから握りこまれる。

フウッ。

と、甘い吐息がもれそうになった。
超ボディコンのなかで乳ぶさはとっくに、パンパンに張りつめていた。

「菅生のサーキット以来ですから、一と月ぶりかな」
「そ、そうね」
「一ヶ月もおあずけじゃあ、さぞかし躰が疼いていたんじゃないですか」
「べ、別にそんなことは……ううっ」

かなり下手糞な愛撫だった。
単調で、自分勝手で、永瀬麗子がこれまで許した相手とくらべると、まったく論外だった。

だが愉悦の激しさはただごとではなかった。
たちまち、顔から汗がふきだして、息が弾んでくるほどだった。

性交そのものは一と月ぶりではない。
このうえなく優しい恋人と、何度か、愛をかわしあっている。

だが、あの日以来、普通のセックスで満足することはなくなった。どんなに巧みな前戯よりも、ボディコンの胸乳を乱暴に揉みこまれるほうが、はるかに気持ちよかった。しかもカメラ小僧に乱暴されていると思うだけで、躰が燃え上がってくるのだ。

(ち、違うわ。そんな女じゃないわ)

しかし、白いコスパンに包まれた恥丘の膨らみに指が伸びてくると、恥ずかしいくらいに濡れてくる。

昼の間、無数のレンズに狙われたコスパンの股間が、鷲づかみにされ、揉みこまれる。ショーツの股底も擦りあげられた。

まるでマニアたちの欲情のすべてが、この指に凝縮されているようだった。

「うっひっひっ。なんだかパンツが湿ってきましたよ、永瀬さん」
「あっ、ああ……。し、しないで、お願い」

泥沼のなかでもがくような気分だった。
二枚のショーツが横にずらされ、秘苑を生でいたぶられれば、もう立っていることもつらくなる。

「アッ。駄目、ああん」
壁にはすがりつくところなどない。
だから頬を押しつけるようにして、なんとか躰を支えている。

ボディコンの尻を後ろに突き出す姿勢だった。
後ろから責めるのが容易になり、媚肉を激しく刺激されると同時に、乳ぶさも根こそぎ捕まれる。

全身が性感帯になったようだった。
この超ボディコンのコスチュームを責められるのは、裸をいじられるよりもつらかった。

(い、いや。またイかされてしまう……)

デブが囁いた。

「じゃあ、永瀬さん。今日はパンツを穿いたまま、入れましょうか」

「は、はい」

と、答えた自覚も永瀬麗子にはない。

長手袋の指先で、コスパンとサポーターとを掴み、グイッと横にずらす。
煮えたぎる粘膜に、男根が押し込まれた。

「ああっ」

永瀬麗子は、はしたない声をはなつ。

「ハウッ。うううンっ」
「ぼんやりしてないで、ちゃんと腰を使いましょうよ」
「は、はい」
「天下のレースクイーンも、こうなりゃただの牝犬だな」
「あ、ああっ。あン、あン、あン」

永瀬麗子は、嬲りものにされる快楽に身を焼きながら、この肉棒からは離れられないと観念するのであった。

(おしまい)




ご精読、ありがとうございます。

記念にコメントいただければ、
参考&励みになりますので、よろしくお願いします。
[2006/09/09 15:24] | スリーピング・ビューティー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。