FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top

その名はハリケンブルー #01

「あんたたち、いったい何のつもりなの」

色の濃いヴァイザーは、すっかり閉じている。だから表情は読みとれなかったが、女の声はいらだっていた。

「へえ。さすがは正義の味方ってとこっスね」
「これからどうなるかわからないってのに、まだ格好をつけていられるとはね」

男たちがヘラヘラと笑うと、ハリケンブルーは椅子に座ったまま胸をそびやかし、

「さあ、はやく解放しなさい。いまなら何もなかったことにしてあげるわよ」

凛と澄みきった声が、寂れた倉庫に響き渡った。

         ※

なんという男たちなのだろう。

少しだけ目をとじるつもりで、意識が途切れた。気がつくと、見おろしていたのは、二人の民間人だった。

どうやらジャカンジャの追撃からは、逃げおおせたらしい。
ハリケンブルーは安堵のため息をついたが、立ち上がろうとして、ハッと身をかたくした。

椅子の背を背中で抱くようにして、手枷で手首を繋がれている。
そればかりか、椅子の座面を跨ぐ形で、ブーツの足首にも、手錠が打たれていた。

(こ、こいつら……)

べつに動揺をしたわけではない。
シノビスーツは装着したままだ。
ということは、戦車のハッチを閉めているも同様で、武器ももたない男たちに、危害をくわえられることなどあり得なかった。

「お姉さん、強いんだろ。解放するなんて、とんでもない」
「だって、オッパイなんか握ったら、ひどい目にあっちゃうもんね」
言いながら男たちは、シノビスーツにつつまれたバストのふくらみに、粘っこい目をむけてくる。

白銀のボディスーツと、青いメタリックの耐衝ドレス。柔軟性にすぐれたそのシノビスーツは、女らしい躰のラインをすっかり浮かび上がらせていた。
そのことを、べつ気にしたことはない。

が、こうして露骨な目で見られれば、また別だった。
誇らしげにツンと上を向いた胸のふくらみは、まるで男たちに見てくれんといわばかりではないか。

「へっへっへつ。こりゃ、マジで旨そうだぜ」

ロンゲの男が背後に立って、ヘルメットの耳元にささやきかけてきた。
おもむろに乳ぶさがすくいあげられた。

――ガシャッ。

と、手枷の鎖が張ったのは、思わず男の手を払おうとしたからだ。

いつものハリケンブルーならば、それだけで手枷の鎖を断つことができただろう。
だが、激しい闘いのすえに、エネルギーセルは消耗しつくしていた。人の力では、手錠を引きちぎることなど、できるわけもなかった。

「けっこう大きいじゃん。Dカップはありそうだな」
「て、手をどけなさい」
「こいつはいいや。プルプルしてるじゃん」
「はなせっ」

無理やりバストを握られて、感じるわけがない。ただ力がくわわるたびに、ズキズキとした痛みがわきおこってくるだけだ。

だが胸のふくらみの弾力を確かめらるのは、我慢ならなかった。ハリケンジャーの変身姿で、バストを揉みまわされるなど、屈辱のほかになんといおうか。


[2006/08/01 18:52] | その名はハリケンブルー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。