FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top

その名はハリケンブルー #03

「先輩、いいモンがありますぜ」

声をかけたのは、ハリケンブルーのバストを揉みしだくことのもそっちのけにして、なりゆきをみまもっていたロンゲの男だった。

「ほう――」

バンダナは顔をあげ、会心の笑みを浮かべた。
手を伸ばす。
ハリケンジャーの背中の鞘からスラリと抜き取ったのは、愛用の忍者刀だ。

――ハ、ハヤテ丸。

ハリケンブルーは息を呑んだ。
この、対ジャカンジャ戦のために鍛え抜いた名刀の切れ味を、シノビスーツで試したことなど、もちろんない。

後ろ手に椅子に縛りつけられたハリケンブルーの、左右に広げた両膝の奥。
バンダナは、股間の青いレオタードを、糊付けを剥がすように摘みあげた。
肘を、思いきり引いた形で、ハヤテ丸の刃先を当てる。

(え……?)

さながら熱したナイフをバターに押しつけたようだった。レオタードの股布は、苦もなく両断され、クルッと縮こまるように丸まった。

「こりゃ、いいや」

つづいてバンダナは、網ストッキングのパンティ部に手をかけた。防刃用のメッシュのタイツも、ハヤテ丸の切れ味にはひとたまりもなく、股間の部分に大穴をあけられてしまう。

「へっへっへっ。どうやら、あと一枚らしいな」

声をかけられて、ハリケンブルーは全身に力を入れていた自分に気がついた。

「――や、やめなさい」
「あれ? 声が震えてるんじゃないか? ハリケンブルー」
「あんたたち、こんなことをして……」

メッシュの穴から覗きだしているのは、光沢のある白銀のボディスーツだ。
極薄の伸縮素材で、ムンと悩ましい恥丘のふくらみが、そのままのかたちで浮かびあがっているところは、さながら液状のラテックスをスプレーで噴きつけたようだった。

「さあて、こんなかには何が入っているのかな」


ランキング!
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ








[2006/08/01 21:13] | その名はハリケンブルー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://realheroine.blog79.fc2.com/tb.php/5-bf3e31f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。