FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top

その名はハリケンブルー #02

「たまらなくなってきたぜ」

男の手から逃れようと身をよじるハリケンブルーの姿に、バンダナ男の欲情に火がついたらしい。

顎髭を撫でながら、正面に立ちはだかった。
視線のゆくえに気がつくと、ハリケンブルーはハッと息をのんだ。

左右に広げた太腿に弾かれるようにして、タイトなミニはすっかりズリあがっている。
だから股間がヌッと顔をだしていた。青いレオタードに包まれて、ムンと重たげな恥丘のふくらみだった。

「さすがはハリケンブルーといったところだな。パンチラも青ときやがったか」

かすれた声で呟きながら、男は内腿の前にしゃがみこむ。
思わず膝を閉じようと力がこもるが、椅子の座面をまたいでいては、どうにもならない。青いブーツに手錠がギシリと喰い込んだ。

(こ、こいつ……)

男に見られているのは、下着ではない。標準装備の青のレオタードで、人に見られてどうというものではない。
が、ミニの内側を覗きこまれるのは、さすがにたまらなかった。しかもバンダナ男の目の輝きは、思わぬパンチラにありついた男の目とかわりがないのだ。

「どうだい? こうしてパンツを見せている気分は?」
「下着じゃないわ」
「もっといいものを、見せてもらうつもりなんだがな」
「させるもんですか」
「どうだかな」

バンダナ男は暗い笑みを浮かべると、ズボンの尻から小さなナイフを取り出した。

「――見せてもらうぜ」

レオタードを摘みあげ、刃を当てる。
一瞬、ハリケンブルーは緊張に力をこめたが、さすがはジャカンジャとの対決をくりひろげてきたシノビスーツだ。ナイフの刃先をこすりつけられたぐらいでは、傷など入るわけがない。

「糞っ。何でできてやがるんだ」
男が顔を赤くして力をこめるが、どうにもならなかった。
「ちっ、安物が」
ボロボロにこぼれた刃を憮然と見おろして、ナイフを投げ捨てた。

それでもあきらめきれないのか、手を使って、なんとか引き千切ろうと躍起になっていると、

「先輩、いいモンがありますぜ」



ランキング!
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ






[2006/08/01 18:54] | その名はハリケンブルー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://realheroine.blog79.fc2.com/tb.php/4-d0b0f022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。